日本乳幼児教育学会 第30回大会

日本乳幼児教育学会第30回大会はWEBでのオンライン開催となりました。
研究発表・自主シンポジウムの申込の再開決定!

 日本乳幼児教育学会第30回大会を、「乳幼児教育学、未来を展望するための今を見つめる」というテーマの下に、2020(令和2)年 11月14日(土)・15日(日)、愛知教育大学・名古屋柳城女子大学での共同開催として準備を進めてまいりました。
 しかしながら、新型コロナウイルス感染の推移、現状、今後を踏まえて、理事会において慎重に審議しました結果、残念ながら一堂に会しての参集開催は断念し、WEBでのオンライン開催に方向転換することになりました。
 私たちにとって未経験の開催形式です。期せずしてまさに「未来を展望するための今を見つめる」こととなりました。新たな挑戦と展開と受け止め、より活発な新たな知の交流の「場」にしたいと考えています。大会実行委員会では関係の皆様方のご協力を得ながら、未経験の開催方法に向けて鋭意準備を進めてまいりますが、ぜひ皆様の参加、ご協力、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 既に研究発表・シンポジウムの申し込みを終了しておりますが、大会形式の変更に伴い、会員の皆様の発表申込機会の平等性を確保する観点から、研究発表と自主シンポジウムの申込登録を再度開始いたします。当日来名できない事情のために発表を諦められた方、新しい形式の学会参加に意欲を喚起された方、どうぞご検討ください。
 開催の概要、今後のスケジュールは以下の通りです。詳細については、引き続き、ホームページ http://jseyc2020.org/ より情報を発信して参りますので、定期的なご確認をお願いいたします。

   

記念講演・教育講演

11月14日(土)・15日(日)、ZOOMを用いてリアルタイム(LIVE)配信もしくは事前に収録した動画配信をします。

企画シンポジウム・自主シンポジウム

11月14日(土)・15日(日)、ZOOMを用いてリアルタイム(LIVE)で配信します。
8月3日までに登録いただく発表論文(CD-ROM 論文集)を含めて、司会者、シンポジスト、話題提供者、指定討論者等の皆さんは,当日、プログラムに指定された時間のセッションに参加していただきます。発表時における資料やスライド等の使用、聴講参加者によるチャットでの質問・コメントを可能にする予定です。オンラインの各セッションにおいては,専従のスタッフが常駐し,トラブル等に対応いたします。パソコン・タブレット等の端末,インターネット環境,マイク,カメラ等(パソコン、スマホ・タブレット等の端末についているものも利用できます)は,参加者各自でご準備ください。
自主シンポジウムの新規追加申込・発表論文原稿の登録、払い込みは、いずれも8月3日締切といたします。大会参加申し込みがお済みでない方は、合わせてお願いいたします。ただしZOOMのルーム数に限りがありますので、全てのご希望には応じられない可能性があります。発表論文原稿登録の先着順とさせていただきます。ご了承ください。
●聴講参加者の人数制限について
ZOOM会議室には、人数制限があります。定員を超える参加者はリアルタイムに聴講できません。会議の内容は収録して、大会終了後の一定期間、配信します。

研究発表:口頭・ポスター

オンライン学会への変更に伴い、発表形態の差別化が困難なため、今回に限り口頭・ポスターの区別をせず「研究発表」とすることとなりました。既に、登録された演題につきましても、全てを「研究発表」とさせていただきます。新規追加申込演題は「研究発表」として登録していただきます。
「研究発表」は、8月3日までに登録いただく発表論文(CD-ROM 論文集)に加えて11月14日(土)以降1週間程度、WEB上に発表スライドPDF複数枚(10MB以内)を公開しオンデマンドで供覧できるようにいたします。発表者には、発表スライドとして、pptxスライドのPDF化、もしくはpptxスライド+発表メモ一体のPDF化など(音声入りの動画形式ではありません)を事前に作成提出していただきます。作成・提出方法は改めて学会ホームページでご案内します。質問回答システムは付帯しない予定です。スライド内にeメールアドレスなどを貼付して、自己責任において質疑応答の機会を持つことは可能です。
研究発表の新規追加申込・発表論文原稿の登録、払い込みは、いずれも8月3日締切といたします。大会参加申し込みがお済みでない方は、合わせてお願いいたします。申込期間が短期間となりますが、プログラム集・CD-ROM 論文集の作成の工程上、再延長はいたしません。

オンライン学会への参加登録

 オンライン学会では、パソコン・タブレット等の端末,インターネット環境さえあれば、遠方に居ながらバーチャルでの参加ができます。研究発表につきましては、オンデマンドですので、期間内のお好きな時間により多くの発表を閲覧できます。
 ただし、大会事務局側では、Webへのアクセス方法等を各会員にお知らせする必要がありますので、学会員であっても「早期登録」「後期登録」のいずれかで事前に参加申し込みを登録いただく必要があります。そこで、プログラム集・CD-ROM論文集送付のために9月16日までを「早期登録」期間とさせていただき、それ以降、11月8日頃までを「後期登録」扱いとさせていただきます。多くの学会員の皆様の参加申込をお待ちいたしております。
 また、本学会では、非会員の参加も歓迎しておりますが、同様の参加登録をお願いいたします。

   

新規入会手続きを伴う発表・自主シンポジウム参加への新規申込はできません

 新規入会後のオンライン学会への参加申込登録(早期登録・後期登録)は、この限りではありません。

お問合わせ先

大会事務局

日本乳幼児教育学会第30回大会実行委員会

〒448-8542 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1
愛知教育大学幼児教育講座内
E-mail: jseyc2020@m.auecc.aichi-edu.ac.jp

日本乳幼児教育学会第30回大会 演題登録デスク
株式会社 近畿日本ツーリスト中部 担当:中村・鳥木
TEL: 052-583-6500 0570-029-181 FAX: 052-561-8748 0570-029-184
E-mail: jseyc2020-endai@or.knt.co.jp
営業時間:月~金 10:00~17:00(土日・祝祭日は休業)
※一号通信に記載の電話番号・担当者・受付時間が変更になっています。